薬局の調節栄養士の求人項目

薬局は医師の供給した処方にもとづきお薬をクライアント様にお受け取りするのが主な職責だ。調剤職責は処方から調剤ギャラと呼ばれるレセプトを作成し、薬袋薬情を作成します。一方薬剤師は薬をピッ国王し処方といった突き合わせ、クライアント君の事情を確認し服薬に至ります。服薬中にはクライアントさまのクラスを確認しお薬が病態とあっているかを突き合わせ、問がある場合は医師に疑義照会をします。また服薬中に食品による規定が必要な病気、たとえば高コレステロール、糖尿病魔、腎行動弱化クライアントなど節食が必要なクライアント様に食品の批判をすることもあります。病舎では栄養士による栄養素批判が多くありますが、薬局では今は薬剤師が栄養素批判をしていることが多く、栄養素の多い料理を言いつけたりすることはよくあるが、炊事ツボまで批判できないことが多々あります。制御栄養士の求人は服薬の際の栄養素批判・炊事ツボが今後の計画になると考え少しずつ増えていますが、少し積載は安いのが現状です。