薬局の薬剤師の時給とお祝い金

ドラッグストアでの任務は調剤を行う場合、平凡専門医薬品の勧誘を行うことです。調剤は医師の提供した作り方を基にクランケ様にお薬をお明け渡しするのが職で、クランケ君の経緯・リアクション歴を確認し障害という製法種目に適切か確認をします。相違があればアッという間に医師に問い合わせをかけて何とか投薬にあたります。投薬時はクランケ君へお薬の飲用方式・感じるリアクションをレクチャーし、クランケ君が不安なく薬を飲用できるようレクチャーを行います。糖尿疾病・高脂血液症・腎内容弱化等の減量の必要な方であれば献立栄養レクチャーを行います。ドラッグストアではクランケ君が他の病院で製法されている薬の呑み合わせを確認することも大事な任務の一つだ。ドラッグストアの薬剤師の時給は2000円程度といった平凡生業に比べると高めですが、薬剤師の1暖簾当たりの定着率は薄く移り変わりのすごい職種で、求人も数多くある結果スタッフゲットが困難です。そのため薬剤師が導入を決めるとお祝い金を払うショップもあるほどだ。薬剤師の任務は暖簾が異なっても業務内容は凄まじく一緒ので、所得を上げたり休日をちゃんとできる環境にするため差別化をし、スタッフゲットをしています。