新人薬剤師もなにもない

過去には、看護師とか薬剤師に関しては売り手市場でありましたが、以降は就職には不利な状態に変わってしまうと思われます。薬剤師になる人の急増、医療費削減という面から、給料が安くなることなども想定できます。

地方の田舎などに就職すれば、例えて言うと経験のない新人薬剤師でも、全国にいる薬剤師さんの平均的な年収に200万円を追加した収入から仕事をスタートさせることもできてしまいます。

昨今の医療業界の成り行きのトレンドは、医療分業という体制もありますが、規模の大きくない調剤薬局があっという間に増え、戦力になる薬剤師を優遇する風潮が際立ってきました。

時給が良いというのは薬剤師のアルバイトの魅力ですね。アルバイトとして働いていても、正規社員と同等の仕事を持つのが普通で、実績もかなり積むことが可能な仕事だと言えます。

この時点でも得ている収入に満足できない薬剤師の数は多いわけですが、一層下がってしまうことを懸念して、先んじて転職活動を考える薬剤師が増加しています。